自ら足広げるなんて好きもの過ぎる

自ら足広げるなんて好きもの過ぎる

投稿日:2016年1月30日
カテゴリ:風俗

俺の大好きなお気に入りのデリヘル嬢はホテルで待っていると部屋に入るなり抱きついてきて、急いでズボン下ろしてチンコとご対面を果たす。

「久しぶり―会いたかった―」と俺じゃなくてチンコにいう。なんだかなー。(笑)シャワーでひとしきりフェラしてくれて、ベッドに行くと自ら大股開いて、「早くー早く舐めて指入れてー」と若い御嬢さんなのにとんでもなく淫乱なんですよ。

フェラしてて、俺なんておっぱいにも触れていないし、下の方も触っていないのにもう太ももの方までだらっと愛液たらしまくり。「もうこんなぬれてんの?」とクリをギュッとつまむと「ああ、もういじわる、いっちゃういっちゃう」とたったそれだけで勢いよく行くんだから、とんでもない好きものです。

クリを吸い上げて上げると腰を俺の顔にくいくいくっつけて自分で腰揺らして気持ちいいところを探る。で、また行く、この繰り返し。最後は69で行かせてもらうけど、こいつ何回行くんだよって思う。

俺が行く風俗の中でもものすごーく淫乱。(笑)